Daigasグループ従業員の方

メニュー

ホーム > Daigasグループ従業員の方 > 火災保険 > 保険料お見積り例(賃貸マンション単身者(シングル)の場合)

保険料お見積り例(賃貸マンション単身者(シングル)の場合)

所在地
大阪府
延べ床面積
40m2
構造
鉄筋コンクリート(M構造)
家財保険金額
300万円
保険期間
1年間
保険料
6,410円

※その他試算条件詳細は後記をご覧ください。

主な補償内容(ベーシックプラン・水災補償なし)

こちらの内容が補償対象となります。

  • イラストをクリックすると、それぞれの補償内容を詳しく確認することができます。
  • 地震保険は火災保険とセットでご契約いただく必要があります。

さらに!!

充実した補償をご希望の方は、別途こちらの補償の追加がオススメ

お見積り依頼はこちらから

現在火災保険に加入しており、証券が用意できる方(切替えをお考えの方)

証券を手元に準備し
見積りを依頼する
  • 保険証券、継続証、更新案内など、ご契約の物件の 情報や補償内容がわかる資料

現在火災保険に加入していない。または、現在加入している保険の資料がない方

フォームから
見積りを依頼する

火災、落雷、破裂・爆発

失火やもらい火などによる火災の損害、落雷による損害、破裂・爆発などの損害を補償します。

ひとことポイント

自分の家では火の元に注意しているから大丈夫!と思っていませんか?
隣家・階下から発生した火災に巻き込まれても、多くの場合、出火元の住人には賠償する責任がないんです。
「自分の資産(家財)は自分で守る」ために火災への備えは必須です!

主な補償内容に戻る

風災・雹(ひょう)災、雪災

台風、竜巻、暴風等の風災、雹(ひょう)災または豪雪、雪崩(なだれ)等の雪災による損害を補償します。

  • 雨等の吹込みまたはこれらのものの漏入によって発生した損害は補償の対象となりません。ただし、建物の外側の部分(外壁、屋根、開口部等)が風災等によって直接破損し、その破損部分から建物の内部に吹き込むことまたは漏入することによって発生した損害については、補償の対象となります。

ひとことポイント

台風などの暴風、雹(ひょう)、豪雪による被害は、いまや過去のデータからは予想できないほど拡大するケースが増えています。
風災というと建物被害だけだと思うかもしれませんが、台風で窓ガラスが割れて雨が吹き込み、室内の家財がびしょびしょにぬれて壊れてしまった場合なども含まれます。
家財の補償であっても備えておく必要がありそうですね。

主な補償内容に戻る

水ぬれ、外部からの物体の落下等、騒擾(じょう)

給排水設備の破損・詰まりで漏水したことによる損害や、建物外部からの物体落下・飛来・衝突等による損害、労働争議に伴う暴力行為等によって受けた損害を補償します。

ひとことポイント

上階からの漏水による水ぬれ損害は、マンションで最も多い事故のうちのひとつ。
自分の家では気をつけていても、共用部分の給排水管や、上の階で発生した事故や異常は防げません。
ご自身で備えておくことが大切です。

主な補償内容に戻る

盗難

盗難による盗取や損傷・汚損の損害を補償します。

ひとことポイント

セキュリティシステムの整ったマンションでも一度敷地内に侵入されてしまうと、入居者との見分けがつかず、意外と盗難被害が多いのが現状です。
火災保険とはイメージが異なるかもしれませんが、あると安心な補償のひとつですね。

主な補償内容に戻る

借家賠償・修理費用特約

借用戸室が偶然な事故により損壊した場合において、大家さんに対して法律上の損害賠償責任を負ったとき、その損害賠償責任を補償します。
また、借用戸室に偶然な事故による損害が発生し、大家さんとの賃貸借契約に基づき、または緊急的に被保険者が自己の費用で修理した場合の修理費用を補償します。

ひとことポイント

賃貸マンションでは、部屋は大家さんから「借りているもの」です。
入居者は、自分の失火による火災などで部屋を焼失させた場合、大家さんに対して損害賠償責任を負うことをご存知でしょうか。(民法第415条)
借りている部屋が偶然な事故により損害を受け、実費で修理をすると、数十万~数百万円かかることもあります。
また賃貸契約上、この補償の付帯が義務づけられているケースもありますので、賃貸住宅にお住まいの場合は必須の補償です。

主な補償内容に戻る

個人賠償特約

日常生活において、他人にケガを負わせたり、他人の物を壊してしまった場合など、法律上の賠償責任を負ったとき、その損害賠償責任を補償します。

ひとことポイント

水漏れにより階下の住居へ被害をだしてしまった場合や、ベランダから物を落としてしまい通行人にけがをさせてしまった場合など、マンションでの生活でも危険がたくさんあります。万一の際にトラブルを軽減させるためにも加入されることをおすすめします。

主な補償内容に戻る

地震保険

地震や噴火、またはこれらによる火災や津波を原因とする損害を補償します。

ひとことポイント

耐震性に優れたマンションでも、地震による火災や津波は防ぎようがありません。
また、地震により隣や下の階で発生した火災をもらってしまった場合も「火災保険」では対応できないとご存じですか?
地震大国日本では地震保険がおすすめです。

主な補償内容に戻る

水災

台風、暴風雨、豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石等の水災(床上浸水等)の損害を補償します。

ひとことポイント

水災は、お住まいの地域や、建物の構造によって想定される被害は様々です。
マンションの上層階では、水災による被害はほとんどないと思われますが河川の近くや山沿いの方、1階にお住まいの方など、水災被害がご心配な方におすすめです。

  • 水災補償ありの場合に補償されます。

主な補償内容に戻る

破損・汚損等

誤って自宅の家財を壊した場合などの偶然な事故による損害を補償します。

  • 保険の対象の平常の使用または管理において通常発生し得るすり傷等の外観上の損傷または汚損であって、保険の対象の機能の喪失または低下を伴わない損害は補償の対象となりません。

ひとことポイント

実は、家財の保険金請求の最も多い事故がこの「破損・汚損等」
壁掛け時計をうっかり落として壊してしまった!子供同士が遊んでいてテレビにぶつかり、画面が壊れてしまった!といったケースに心当たりはありませんか?
特にお子さまがいらっしゃる家庭では備えたい補償ですね。

  • 『平成23年~27年「家庭総合保険」事故件数の割合』(あいおいニッセイ同和損保)によれば家財の事故の約54%は破損、汚損等の偶然な事故が占めています。
  • ワイドプランの場合に補償されます。

主な補償内容に戻る

保険料試算条件

引受保険会社
あいおいニッセイ同和損保
保険種類
タフ・住まいの保険(家庭総合保険)・地震保険
保険期間
2019年1月1日~2020年1月1日
保険の対象の所在地
大阪府
保険の対象の構造級別
M構造
建物形態
共同住宅の一部分(借用戸室等)
専有面積
40m2
建築年月
平成24年10月
家財保険金額
300万円(地震保険金額は150万円)
家財引受方式
評価額約定方式
ご契約プラン
ベーシックプラン(水災なし)
風災・雹(ひょう)災・雪災は損害の額にかかわらず補償
免責金額
なし
事故時諸費用特約
あり(損害保険金×10%・300万円限度(標準補償))
地震火災費用特約
あり(保険金額×5%・300万円限度)
災害緊急費用特約
あり
借家賠償・修理費用特約
借家賠償保険金額1,000万円
修理費用保険金300万円(免責金額3千円)
個人賠償特約
保険金額1億円
適用割増・割引
大口団体割引5%
払込方法
団体扱一括払

お見積り依頼はこちらから

現在火災保険に加入しており、証券が用意できる方(切替えをお考えの方)

証券を手元に準備し
見積りを依頼する
  • 保険証券、継続証、更新案内など、ご契約の物件の情報や補償内容がわかる資料

現在火災保険に加入していない。または、現在加入している保険の資料がない方

フォームから
見積りを依頼する
火災保険についてのお問い合わせ
FPが教える保険の基本

ページの先頭に戻る

大阪ガスファイナンスがおすすめするネット完結型保険はこちらです。