Daigasグループ従業員の方

メニュー

ホーム > Daigasグループ従業員の方 > 火災保険 > 保険料お見積り例(持家・一戸建てファミリーの場合)

保険料お見積り例(持家・一戸建てファミリーの場合)

所在地
大阪府
延べ床面積
100m2
構造
木造(H構造)
建物保険金額
2,000万円(地震保険金額は1,000万円)
家財保険金額
500万円(地震保険金額は250万円)
保険期間
1年間
保険料
74,840円

※その他試算条件詳細は後記をご覧ください。

主な補償内容(ワイドプラン)

こちらの内容が補償対象となります。

  • イラストをクリックすると、それぞれの補償内容を詳しく確認することができます。
  • 地震保険は火災保険とセットでご契約いただく必要があります。

お見積り依頼はこちらから

現在火災保険に加入しており、証券が用意できる方(切替えをお考えの方)

証券を手元に準備し
見積りを依頼する
  • 保険証券、継続証、更新案内など、ご契約の物件の情報や補償内容がわかる資料

現在火災保険に加入していない。または、現在加入している保険の資料がない方

フォームから
見積りを依頼する

火災、落雷、破裂・爆発

失火やもらい火などによる火災の損害、落雷による損害、破裂・爆発などの損害を補償します。

ひとことポイント

自分の家では火の元に注意しているから大丈夫!と思っていませんか?
隣家・階下から発生した火災に巻き込まれても、多くの場合、出火元の住人には賠償する責任がないんです。
「自分の家は自分で守る」ために火災への備えは必須です!

主な補償内容に戻る

風災・雹(ひょう)災、雪災

台風、竜巻、暴風等の風災、雹(ひょう)災または豪雪、雪崩(なだれ)等の雪災による損害を補償します。

  • 雨等の吹込みまたはこれらのものの漏入によって発生した損害は補償の対象となりません。ただし、建物の外側の部分(外壁、屋根、開口部等)が風災等によって直接破損し、その破損部分から建物の内部に吹き込むことまたは漏入することによって発生した損害については、補償の対象となります。

ひとことポイント

台風などの暴風、雹(ひょう)、豪雪による被害は、いまや過去のデータからは予想できないほど拡大するケースが増えています。
また、暴風で物が飛んできて、自宅の窓ガラスを突き破るなどの事故は地域を問わず、発生が考えられますので、備えておくことが大切です。

主な補償内容に戻る

水ぬれ、外部からの物体の落下等、騒擾(じょう)

給排水設備の破損・詰まりで漏水したことによる損害や、建物外部からの物体落下・飛来・衝突等による損害、労働争議に伴う暴力行為等によって受けた損害を補償します。

ひとことポイント

給排水管に鳥やネズミなどの小動物が詰まり破裂し床が水浸しになるケースなどが考えられます。
大雨の際の雨漏り被害の補償ではありませんので、混同しないよう注意が必要です。

主な補償内容に戻る

盗難

盗難による盗取や損傷・汚損の損害を補償します。

ひとことポイント

どれほど戸締りを心掛けても、マンションに比べ盗難被害に遭いやすいのが戸建て住宅です。
建物の補償では、空き巣により窓ガラスやドアのカギを壊された場合にも対象となります。
また家財の補償では、預金通帳が盗まれ、現金を引き出されてしまった!といった場合でも補償されるケースがあります(ただし支払限度額があります)。是非備えておきたい補償ですね。

主な補償内容に戻る

水災

台風、暴風雨、豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石等の水災(床上浸水等)の損害を補償します。

ひとことポイント

昨今、ゲリラ豪雨など「想定外」と言われるような水災被害が増えています。
自宅は高台だから大丈夫だと思っていませんか?
水災被害は、床上浸水だけではなく、大雨による土砂災害も補償に含まれます。河川の近くにお住まいの方や山が近くにある方等には必須の補償ですね。

主な補償内容に戻る

破損・汚損等

誤って自宅の壁を壊した場合などの偶然な事故による損害を補償します。

  • 保険の対象の平常の使用または管理において通常発生し得るすり傷等の外観上の損傷または汚損であって、保険の対象の機能の喪失または低下を伴わない損害は補償の対象となりません。

ひとことポイント

実は、家財の保険金請求の最も多い事故がこの「破損・汚損等」
模様替え中に家具をぶつけて扉を壊してしまった!子供同士が遊んでいてテレビにぶつかり、画面が壊れてしまった!といったケースに心当たりはありませんか?
特にお子さまがいらっしゃる家庭では備えたい補償ですね。

  • 『平成23年~27年「家庭総合保険」事故件数の割合』(あいおいニッセイ同和損保)によれば家財の事故の約54%は破損、汚損等の偶然な事故が占めています。

主な補償内容に戻る

地震保険

地震や噴火、またはこれらによる火災や津波を原因とする損害を補償します。

ひとことポイント

地震による火災や津波は、火災保険では補償されないとご存じでしょうか。
地震による被害は、倒壊だけではありません。
地震大国日本では地震保険は必要ですね。

主な補償内容に戻る

保険料試算条件

引受保険会社
あいおいニッセイ同和損保
保険種類
タフ・住まいの保険(家庭総合保険)・地震保険
保険期間
2019年1月1日~2020年1月1日
保険の対象の所在地
大阪府
保険の対象の構造級別
H構造(経過措置対象外)
建物形態
独立住宅(一戸建)の一棟全体
専有面積
100m2
建築年月
2019年1月
建物に含まれるもの
基礎、門・塀・垣、物置、車庫等
建物評価額
2,000万円
建物保険金額
2,000万円(地震保険金額は1,000万円)
家財保険金額
500万円(地震保険金額は250万円)
家財引受方式
新価実損払方式
ご契約プラン
ワイドプラン(水災あり)
風災・雹(ひょう)災・雪災は損害の額にかかわらず補償
免責金額
なし(ただし、家財の「破損・汚損等」の損害に対しては免責金額3千円を適用)
事故時諸費用特約
あり(損害保険金×10%・300万円限度(標準補償))
地震火災費用特約
あり(保険金額×5%・300万円限度)
災害緊急費用特約
あり
適用割増・割引
地震保険建築年割引、大口団体割引5%
払込方法
団体扱一括払

お見積り依頼はこちらから

現在火災保険に加入しており、証券が用意できる方(切替えをお考えの方)

証券を手元に準備し
見積りを依頼する
  • 保険証券、継続証、更新案内など、ご契約の物件の情報や補償内容がわかる資料

現在火災保険に加入していない。または、現在加入している保険の資料がない方

フォームから
見積りを依頼する
火災保険についてのお問い合わせ
FPが教える保険の基本

ページの先頭に戻る

大阪ガスファイナンスがおすすめするネット完結型保険はこちらです。